今日申込んで即日融資を受けるには

 

世の中何が起こるかわかりません。
財布の中に十分なお金が入っていれば別ですが、急にお金が必要になったとしたら、誰でも慌てるのではないでしょうか。
誰かに借りることができればいいのでしょうが、そういう時に限って友人・知人が留守だったということもあります。
それに、わずかなお金を借りることで、友人・知人との仲がぎくしゃくするのもイヤではありませんか。

そういう時は、キャッシングを利用するのが一番手っ取り早いでしょう。
テレビCMなどでも盛んにやっていますが、申込んでから最短30分ほどで即日融資できますというところはけっこう多いものなんです。
ところで、本当にそんなに短い間で融資してもらえるのでしょうか。
急いで借りたいときほど、融資までの時間の短さというのは気になるものです。
店舗や自動契約機で申し込んだ場合、確かにスムーズに手続きしてもらえるとしたら、もっとも早くて30分ほどでしょうか。
ですが、世の中、そんなにスムーズに行くことばかりではありません。
銀行の口座開設をした時に、自分では完璧だと思っていたのに、思い違いをしていて5回も書き直したという経験があります。

しかも、5回目は印鑑の印影が薄かったという理由なのですから、もう申込む気力が萎えてしまいどうしていいのかわからなくなってしまいました。
銀行ほど厳しくはなくても、申込みを書く時思い違いをしていたり、書き間違いをしている可能性はゼロではありません。
それに、信用機関への情報の紹介や確認などに手間取ることもあります。
私のが店舗で申し込んだときは、あれこれ聞かれて1時間ほどかかりました。
それでも、1時間しかかかっていないのですから、即日融資融資してもらうことができました。
自動契約機の場合、目の前に担当者がいないだけで、手続きはほとんど同じです。
なので、店頭や自動契約であれば、すぐに融資してもらうことはかなり簡単だということができるでしょう。

では、今流行のネットでの申し込みではどうでしょう。
ネットの申し込みフォームに必要事項を入力して送信すると、ものの5分ほどで審査結果が送られてきます。

これで仮審査がOKだったということがわかりますが、その後本審査が行われ、最終的に融資するかどうかが判断されます。
そして、ネットでの申し込みの場合、お金は銀行口座に振込でもらうことになりますが、土日・祝日に申込んだ場合、翌営業日まで持ち越されてしまう可能性もあるので注意が必要です。
ネット銀行口座の場合、土日・祝日でも振込OKなところもありますが、普通の銀行口座だと振込が難しい場合もあります。
翌日となると即日融資になりませんから、お金の調達が間に合わないということになることもあるでしょう。
もし、その日のうちにどうしても融資してもらいたいという場合は、店舗か自動契約機で申し込んだほうが確実だということになります。
もちろん、店舗や自動契約機で申し込むのなら、即日融資をしてもらうには営業時間内に申込む必要があります。

Comments are closed.