即日融資の活用法について

 

手持ちのお金がほとんど無く使う用途が決まっている、もちろん貯金も無い、という状況の人もいることでしょう。
友人や家族にお金を借りるということも恥ずかしくてできない、そんな時に役に立つのが、消費者金融や銀行カードローンです。
現在の消費者金融会社や銀行カードローンは、大体即日融資が可能です。

即日融資とは、文字通り申請したその日に融資を受けることができるものです。
お金を借りる時には通常、その人にお金を借りる権利があるか、月々の返済金を返すことができるだけの収入があるか、家族構成はどうか、他の金融業者からお金を借りているか、借りていればいくら借りているのか等、経済状況を消費者金融会社に伝えます。
金融業者はそれらの状況を鑑みて、その人にお金を貸せるのかという判断を下す為の審査を行います。
その審査を通過した人が、融資を受けることができます。
審査を通過してからでないと、融資を受けることができないというのは、何だか時間がかかりそうなイメージがありますが、会社への在籍確認や先程述べた経済状況からの審査を、早い場合だと30分程で行ってしまいます。
その為、お金が必要だという状況になってから、その1時間後には融資を受けることが可能なのです。

審査が早いということは、即日でない審査の場合と比較して、審査基準も甘いということになりますから、通常の審査では通過しにくいという人でも、通過できる可能性があります。
融資の申請に関しても多様な方法があります。
店舗での来店契約はもちろん、電話での申請、郵送、Webからの申請ができます。
最近では、スマートフォンも普及していますので、場所を選ぶことなく融資の申請をすることが可能です。
ただ、消費者金融会社の場合ですと、希望金額での即日融資が難しい場合もあります。
法律で他社からの借り入れが100万円以上ある場合や、50万円以上の借り入れを希望する場合は、所得証明書が必要になるため、準備をしていないと即日での融資を受けることができません。
また、総量規制といって、年収の3分の1以上の融資はしてはいけないことになっている為、既に他から年収の3分の1にあたる金額を借り入れている場合は、融資を受けることが難しいでしょう。
銀行に関しては、総量規制の対象外となっている為、他に借り入れがあった場合でも、審査を通過することができれば、即日融資を受けることができます。
しかし、即日融資を受けることができるからといって、そこに依存してはいけません。

融資というのは、お金を借りるということなので、返すという義務がついてきます。
また、金利も高めに設定されていることが多いので、計画性のない借り入れをしてしまうと、返済が滞ってしまったりして、債務整理をしなければならないという事態になりかねません。

広告でもよく目にしますが、利用は計画的に、どうしてもお金が必要な時にだけ利用するようにすれば、素晴らしいサービスです。

Comments are closed.