Archive for 即日融資

即日融資が必要な時

計画的にお金を消費しようと言う気持ちは誰もがお持ちかと思います。
私ももちろんそのうちの一人ですが、どうしてもうまく行かない場合もあると思います。
お金って自分の気持ちだと思っていて、例えば誰かにこのようなサービスを受けたのでその代価として価値のあるものを上げたい例えばどうしても欲しい商品があるので価値のあるものと交換したいそれがお金だと思ってます。

もしその気持ちを今すぐ表さなければいけない、もししくは自分の気持ちを抑えることができなくて、表さざるを得なくなった場合どうでしょうか。
高いお金がかかるけど手元に無い、でもお金が今すぐ欲しい。
即日融資という看板若しくは、インターネット上などでも最近注意して見るとよく見かけます。

cardloan1

即日融資と言われるからにはまさしくすぐお金が借りられると考えるわけで、上述の気持ちを解決するにはもってこいのサービスかと思います。
でも本当にそんなにすぐお金を借りられるのか。
私は上記サービスを利用したことはありませんが、利用していただく側の考え方に立ってみると、やはりその人の信用で融資するかしないのか決めているものだと当たり前ですが、思います。

その日融資して欲しいという理由は人それぞれ様々だとは思いますが、理由って重要じゃないかと思います。
会社を経営しているからお金が無いと倒産してしまうとか、家族を養うためにはどうしてもお金が必要とか、生活に直結する場合は致し方ない気がします。
但し、それが個人の趣味、娯楽、快楽などのためであれば、上述した貸す側の考え方に立ってみると、如何にその人が信用のおける人でも少し敬遠したくなるのではないでしょうか。
少し前に私は「ナニワ金融道」というドラマが好きでよく見ていました。
そのドラマに出てくる役者のキャラクターは誰もが個性的で人間味にあふれ、時には恐い態度を示すが、時には優しく人情的で大変面白い作品でした。
お金っていうとどちらかとあまり好き好んで良いイメージを語る人はいないと思いますが、お金を貸す、即日融資することによって必ずそこで助かる、喜ぶ人が出てくるのは間違いありません。

あとはその人がちゃんと決めた契約でお金を返していればなんら問題は無いのですが、そこにドラマに出てくる様々な人間模様があって涙し、一喜一憂していました。
現実の社会でも似たようなことがあるのかなとか勝手に推測してしまっていましたが、お金が欲しい、即日融資を受けたいという人はごく普通の一般的な生活を送っている人で特別な人ではないんだなと思います。

お金自体が商品ではないかもしれませんが、とにかく何かを与えて誰かに喜んでもらう、という仕組みは何であっても変わらず普遍的なことだと思います。

上手に利用するとこんなに便利な即日融資

どうしても急な出費がでてきた時に手元に十分なお金がないととても困りますよね。
数日後は給料日だから、少しの間でいいから借りられたらと思うことはきっとあると思います。
友人や親戚はもちろん、社会人であるがゆえ、親にさえ借りるのは気が引けることもあるかもしれません。

特にお金に関してはたとえ仲の良い友人であってもトラブルのもとにもなりかねません。
場合によっては大事な友人を失うことになりかねず、そのようなトラブルは絶対に避けたいですよね。
そんな時は即日融資を堅く利用するのも手です。
これは文字通り、申し込んだその日のうちにお金が借りられる融資のことを意味します。

今はだれでも普通にインターネットを利用していると思います。
ネット経由で申し込みを行うと、当然審査はありますが、審査に通りさえすれば無担保で申し込んだその日のうちにお金を借りることができるのです。
普段利用しているスマホや携帯、自宅のパソコンから手軽に申し込みが可能です。
通常は申し込んでから30分ほどで自分の指定した口座に振り込まれます。
ですから、いちいち店舗まで出かける必要がないので便利です。
また、一定の期間であれば初回の利用に限り、無利息で借りられるところもあります。

この即日融資はネット対応の消費者金融なら対応しており、普通はキャッシング会社やクレジットカード会社で申し込みできます。
ただし、その日のうちに審査を受けて、融資してもらうには受付時間があり、決められた時間内に申し込みを完了する必要があります。
ですから、その時間内に申し込みができなかった場合は即日に融資を受けることができなくなり、お金は翌日以降のタイミングで借りることになりますから注意が必要です。
また、融資を受けるの際の適用金利も会社によって様々ですから、よく比較して有利なところを選びましょう。
適用金利の差は最終的な返済額に大きな違いがでてくるのでとても重要だからです。

このように即日融資は申し込んだ当日にお金を借りられるのでとても便利なのですが、いくつか注意していただきたい点があります。
まず、借入限度額があるという点です。
この借入限度額は他社で借りているものやこれまでの返済履歴などが考慮されますから、注意してください。
さらに借入には総量規制があり、年収の3分の1までという決まりがあり、ここでも他社で借入しているものも含めて計算されます。

ただし、限度額や総量規制はあくまで目安ですから、必ずしもその限度額ぎりぎりまで借りられるというわけではありません。
次に即日融資と最短即日審査は異なるという点です。
前者の場合は受付時間内に申し込みをすませ、審査に通れば申し込んだその日のうちにお金を借りられますが、後者は単に申し込んだその日のうちに審査自体は完了しますが、契約手続きやカード発行などに時間がかかるため、申し込んだ当日にお金を借りられるわけではありません。
この辺りは良く注意してください。
このように様々なメリットがある即日融資はしっかりと返済計画を立てれば大変便利ですので上手く利用しましょう。

即日融資を利用してみました

先日、生まれて初めての即日融資を受けてみました。
というのも、その日にとある限定版DVDの発売日であったことを当日になって気づいたからです。
5万円ほどの豪華なBOXタイプでいろんな特典がついていたのですが、その日を逃すと手に入れることが難しいのです。
しかし、貯金も所持金も5万円に届きません。

お金を借りようとしても、消費者金融などでは審査がありその日に借りることは無理ですし、クレジットカードのキャッシング枠は2万円が上限であるため、5万円に届かないのです。
悩んでいたときにふと思い出したのが、いつも利用している駅の近くにあった「即日融資」という看板だったのです。
さっそくその看板に書かれている地図にある店舗に足を運んでみました。
そこの店員に話を聞いていると、近くのデパートで特定の商品をクレジットカードで購入して、その商品を引き渡してくれたら現金をくれるというものでした。
その商品は還元率の高いのです。
商品を売ったお金から私に渡したお金を差し引いた金額がその店舗の利益となるわけです。

これをクレジットカードのショッピング枠を利用した現金化と呼ぶそうです。
キャッシング枠で足りない分をショッピング枠を利用すると言う、上手な商売だと思います。
実際に、近くにあるデパートに足を運んで指定された高級バックを購入しました。
そのとき分割払いか一括払いか問われたので、後々の金利とかを考えて一括払いにさせてもらいました。
私の持っていたクレジットカードでは、一括払いなら利子がつかないからです。
そして、その商品を店舗に持っていったら、見事に現金を受け取ることができました。
つまり、即日融資できたわけです。
想像以上に簡単に出来ましたし、その後はクレジットカード会社への高級カバンの購入金額を支払うだけで、融資してくれた店舗とは無関係となったのです。
最初は消費者金融みたいなものをイメージしていましたが、大きく異なっています。
というのも、店舗に対して何一つ個人情報を提供していないからです。
そのため、ブラックリストに載っている人も利用できますし、そもそも審査というものがありません。

そもそもが商品との交換で成り立っているため、商品さえ手に入れば店舗の人にとっては誰でも良いわけなのです。
もしも、条件があるというならば、クレジットカードを所有している人でショッピング枠の範囲でなら、お金を借りることができるわけです。
個人情報を提供してないため、第三者に流出すると言う不安もありません。
また、住所も名前も知らせてないため悪用される心配することもないです。

公の場所で看板を掲げていることから分かるように違法性もないのです。
ある意味で一番安心して利用できる融資方法と言えるかもしれません。
もちろん、融資してもらったその日に希望していたDVD限定版BOXを見事に手に入れることができました。
クレジットカードのショッピング枠の現金化に感謝しています。

どうしても即日融資を受けたい時は

住宅ローン等の場合、申し込みから審査、そして融資まである程度の日数が必要です。
しかし、キャッシング等は実はそうではなく、即日融資が可能となっているものが多くあります。
だから急にお金が必要になった、どうしても今日中にお金が必要だという人は、まずはそのシステムを採用している金融機関を探すようにしましょう。
と言っても、どうしてもその日にお金が欲しいからと言って適当に金融機関を選ぶのは良くありません。
まずは大手と呼ばれる所でそのシステムがあるかどうかを探しましょう。
中小の所も融資はしてくれますが、バックに付いている会社が大規模な方が資本金もある状態なので安心して利用することが出来ます。
自分に関して何も問題はない、どこでも多分貸してくれそうだという人は大手で探してみる様にしましょう。

次に自分が気になった金融機関は何時までの申し込みであれば即日融資をしてくれるかをチェックします。
大体14時から14時30分までには契約手続きまでが終わっている必要があるので注意が必要です。

大体申込みから審査までは30分程度が必要となるので、13時位までには金融機関を決めて申込みをするようにしましょう。
出来るだけ早く融資をしてもらいたいと思ったら、直接お店まで行ったりする時間ももったいないので、パソコンやスマートフォンを使って申込みをするようにしましょう。
パソコンの場合はそのサイトを、スマートフォンの場合はその金融機関のアプリをダウンロードすれば手軽に申込みが出来ます。
ちなみに、一般的には審査には大体30分程度が必要となりますが、時にはそれ以上の時間が必要となることも少なくありません。
時間が間に合わないかもしれないとドキドキしてしまうことがないように、即日融資を絶対に受けたいと思っていたら、午前中には申込みを終了しておく方が安心です。
そうして時間的な余裕がある状態の方が落ち着いていられるし、何より正しい判断もできる様になるからです。
現在、キャッシング等はかなり便利になっていて、店舗に直接行かなくても融資を受けられるようになりました。

身分証明等の書類もお店まで持っていく必要はなく、メールや郵送で送っても大丈夫です。

もちろん審査も融資もスピーディーに行ってもらえます。
しかし100%融資してもらえるとは限らないので、どうしてもその日にお金を手に入れたいと思ったら、それが分かった時点ですぐに行動に移すようにしましょう。
ぐずぐずしていると時間はどんどん過ぎて行ってしまって、結局その日には融資が受けられない様な状態になってしまう可能性も否定できません。
また審査が滞ってしまうのは良くないので、必要書類はしっかりと用意しておくのが重要です。
またブラックリストに登録されている人は、残念ながら即日融資を受けることは出来ないので、そういう人はその事故情報が消去されるまでの期間は、出来るだけ急にお金が必要となるようなことがないように注意しておきましょう。

即日融資の活用法について

 

手持ちのお金がほとんど無く使う用途が決まっている、もちろん貯金も無い、という状況の人もいることでしょう。
友人や家族にお金を借りるということも恥ずかしくてできない、そんな時に役に立つのが、消費者金融や銀行カードローンです。
現在の消費者金融会社や銀行カードローンは、大体即日融資が可能です。

即日融資とは、文字通り申請したその日に融資を受けることができるものです。
お金を借りる時には通常、その人にお金を借りる権利があるか、月々の返済金を返すことができるだけの収入があるか、家族構成はどうか、他の金融業者からお金を借りているか、借りていればいくら借りているのか等、経済状況を消費者金融会社に伝えます。
金融業者はそれらの状況を鑑みて、その人にお金を貸せるのかという判断を下す為の審査を行います。
その審査を通過した人が、融資を受けることができます。
審査を通過してからでないと、融資を受けることができないというのは、何だか時間がかかりそうなイメージがありますが、会社への在籍確認や先程述べた経済状況からの審査を、早い場合だと30分程で行ってしまいます。
その為、お金が必要だという状況になってから、その1時間後には融資を受けることが可能なのです。

審査が早いということは、即日でない審査の場合と比較して、審査基準も甘いということになりますから、通常の審査では通過しにくいという人でも、通過できる可能性があります。
融資の申請に関しても多様な方法があります。
店舗での来店契約はもちろん、電話での申請、郵送、Webからの申請ができます。
最近では、スマートフォンも普及していますので、場所を選ぶことなく融資の申請をすることが可能です。
ただ、消費者金融会社の場合ですと、希望金額での即日融資が難しい場合もあります。
法律で他社からの借り入れが100万円以上ある場合や、50万円以上の借り入れを希望する場合は、所得証明書が必要になるため、準備をしていないと即日での融資を受けることができません。
また、総量規制といって、年収の3分の1以上の融資はしてはいけないことになっている為、既に他から年収の3分の1にあたる金額を借り入れている場合は、融資を受けることが難しいでしょう。
銀行に関しては、総量規制の対象外となっている為、他に借り入れがあった場合でも、審査を通過することができれば、即日融資を受けることができます。
しかし、即日融資を受けることができるからといって、そこに依存してはいけません。

融資というのは、お金を借りるということなので、返すという義務がついてきます。
また、金利も高めに設定されていることが多いので、計画性のない借り入れをしてしまうと、返済が滞ってしまったりして、債務整理をしなければならないという事態になりかねません。

広告でもよく目にしますが、利用は計画的に、どうしてもお金が必要な時にだけ利用するようにすれば、素晴らしいサービスです。